中学受験勉強中の習い事

小学生の野球クラブやサッカークラブの中には、5年生になると中学受験の準備のためにメンバーの半分以上が辞めてしまう、というところが多いようですが、中学受験と習い事というのは果たして両立させる事は難しいのでしょうか。実はそのようなことは決してありません。幼稚園や低学年のころから続けてきた習い事やスポーツを続けながら、中学受験を乗り切っている人は実はとても多いのです。というのは、また小学生の中学受験生にとっては、心身のバランスを健全に保つ、ということは厳しい受験を勝ち抜く上でとても重要になってきますが、習い事を一切やめてしまって勉強漬けの毎日にしてしまったら、気持ちの面で参ってしまうでしょう。週に1回程度であったら、好きなスポーツや習い事で気分転換を図ることも、受験を勝ち抜くためのポイントとなってきます。また、勉強漬けの毎日を送っている子よりも、習い事に時間を割かれて勉強時間が少なくなる分、時間の使い方というのを真剣に考えるようになるので、短い時間で集中して勉強に取り組む姿勢を作りやすくなります。