中学受験の勉強方法について

中学受験の問題は小学校で勉強するものとは違い独特で難しいものが多いので過程学習だけでは間に合わず塾に行く人がほとんどだと思います。中学受験では苦手な問題を作らないということが重要になります。塾の授業の復習をすることはもちろんですが、テストや模試で間違えてしまったところは何度も解きなおしてできるようにしていくことが大切です。得意分野でテストの点数をのばすことは必要ですが、テストに出てくるすべての問題が苦手分野から出題されていたら点数は伸びないですし合格は望めません。まずは基本を繰り返して学んで解き方を頭に染み付かせればできるようになりますし、苦手なこともがんばればクリアできるということは子ども自身に自信を持たせることにもつながります。中学受験の勉強をするのは子供ですが、どうしても苦手な分野勉強したくないと思ってしまうことあがりますので、親のほうは子供が何が苦手かや学習速度が遅れていないかをきちんとチェックする必要があります。